ヒアルロン酸注入で涙袋を作る場合のメリット&デメリット

ヒアルロン酸で涙袋形成をする人が増えている?

涙袋形成はメスを使わず、短時間で行うことができる整形です。

お顔の中でも目立つ目元での施術になるので、傷口を残さず涙袋を作ることができるのがポイントです。

それほど痛みがなくダウンタイムが短く、幅広い世代が利用している人気がある施術になります。

診察する際仕上がりのイメージをスタッフに伝えておき、併せて二重手術と行うと目の縦幅が広がるので、大きな目にしたい人にもおすすめです。

若々しさやかわいい印象にしたかったり、涙袋メイクをしている人に向いています。

涙袋を作りたかったり、目元を大きく見せたい人が多く利用していて、優しい雰囲気にしたかったり患者の好みに合わせてアレンジすることが可能です。

医師とよく相談した後ヒアルロン酸を注入していき、大きくしすぎると反対に老けた印象になるので、繊細なデザインに仕上げていきます。

酸注入した後1週間ぐらい、マッサージや衝撃を与えてはいけません。

下まつ毛の際について皮膚が薄くなっているので、適切な層において注入しないと自然なデザインになりづらい部位です。

柔らかいヒアルロン酸を利用すると持続期間が短かったり、ヒアルロン酸が流れてしまってたるみのように見えることがあるので注意が必要です。

持続期間が長かったり硬めのヒアルロン酸を利用すると、自然に見えるよう仕上げることができるでしょう。

血管が密集する筋肉の層などを避けて注入するので、内出血の頻度を抑えることが可能です。

局所麻酔を行うので両目尻に打っていき、ヒアルロン酸を注入する際の痛みを軽減することができます。

https://ausaflw.org/

注入した後メイクをして帰宅することができるので便利です。

ヒアルロン酸を追加で注入する場合、特に間隔を開けなくても大丈夫ですが、涙袋は注入量が少ない部位になるのでカウンセリングで相談することができます。

ヒアルロン酸を溶かす専用薬剤を注入し、しばらく様子を見てから新たに注入してデザインを整えることが可能です。