デオシークとノアンデの比較を調査!成分力はどちらが高い?

デオシークとノアンデ

デオシークとノアンデの比較をしてみた!

近年では臭いが注目されており、様々な消臭クリームが販売されています。

その中でも効果が高いとされているのがデオシークノアンデであり、2つとも人気のあるデオドラントクリームです。

デオシークの成分や効果とは?

デオシーク制汗、殺菌、防臭と3つのステップによって高い殺菌能力を示しており、有効成分であるイソプロピルメチルフェノールがワキガの原因となるコリネバクテリウム属の細菌を死滅させる効果があります。

もちろん
体臭の原因となる黄色ブドウ球菌の殺菌効果も高く、殺菌力試験においては24時間を経過した段階であっても99.999%の効果が確認できました。

柿タンニン

茶カテキンよりもさらに強力な柿タンニンが含まれており、柿渋由来のポリフェノールであるパンシルが臭いの物質をキャッチし、拡散しないように抑え込んで悪臭から無臭へと変化をさせます。

この柿タンニンにおいては防臭性能について実験がされており、アンモニア臭は94.7%、加齢臭の一つである腐った玉ねぎ臭は96%、腐乱臭やニンニク臭は99.7%と高い防臭率があることがわかりました。

さらに柿タンニンの場合、悪臭に反応して防臭した後は臭いが後戻りすることはなく、悪臭に戻ることはありません。

パラフェノールスルホン酸亜鉛とデオサラサ

このほかパラフェノールスルホン酸亜鉛デオサラサが有効成分として含まれており、パラフェノールスルホン酸亜鉛は制汗効果が高く汗をすばやく押さえていくことができます。

このパラフェノールスルホン酸亜鉛は収れん作用があるものの、刺激が弱く肌が弱い人でも使うことができる成分であり、汗の中のたんぱく質とパラフェノールスルホン酸亜鉛が反応して金属の塩を生成し、汗の出口に蓋をしてしまいます。

その結果大量の汗を抑えることができ、臭いが発生しにくくなります。

デオサラサは業界初の独自成分であり、機能性多孔質シリカカプセルの中に柿タンニンを閉じ込めており、世界初の成分でもあります。

また、デオシークの場合
ただ汗を抑えたり殺菌をしたりするだけではなく保湿にも注目しており、乾燥からくる臭いに対しても対策を講じることが可能です。

乾燥肌の場合臭いは発生しないように感じますが、肌が乾燥すると皮膚がかさかさとし垢が発生します。

細菌はこの垢を餌としているため菌が増殖してしまい、肌は菌から守るために皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

その結果菌と皮脂が混ざって独特な臭いを発してしまいます。

この肌の仕組みをしっかりと理解し、保湿も大切だと考えているため防臭や殺菌の他にスキンケアも同時に行えるようになっています。

その他のデオシークの成分

敏感肌の人でも使用できるよう天然植物成分のジャムウシャクヤクエキス、海藻エキスや甘茶エキス、ドクダミエキスなどハーブ系を中心に全部で61種類含まれていますが、香料や着色料、石油系界面活性剤やパラベンなどの添加物は含まれていません。

安心して使用できるように複数の第三者機関にて商品検査を行っており、効果試験の基準をすべてクリアしています。

そのため腋以外にも粘膜以外のデリケートゾーンなどにも幅広く使用することができます。

ノアンデの成分と効果とは?

ノアンデは抗菌率99.99%であり、日本人向けに開発された消臭クリームです。

ノアンデには菌の増殖を抑えるシメン-5-オールと、発汗のバランスを整えることができるフェノールスルホン酸亜鉛の2つが有効成分として含まれています。

さらに天然由来の透臭成分のナノ化に成功しており、柿タンニン芍薬、セイヨウオトギリソウやキダチアロエ葉など全部で38種類含まれています。

菌の繁殖については臨床試験が行われており24時間後を比較したところ

黄色ブドウ球菌では抗菌率は100%、コリネバクテリウム属の細菌は99.99%以上抑えることができました。

美容成分も含まれており、ヒアルロン酸は3種類が含まれているため透明感と潤いをもたらすことも可能です。

成分はデオシークが多い

成分の種類はデオシークの方が多かったのですが、値段においてもノアンデよりも若干抑えられており、より継続して使えるようになっています。

どちらも返金保証がついており、無期限で全額返金保証がついています。

そのため使っても効果があまり感じられない場合は初回に限り返品することができ、さらに返金の対象となることがあるため、気軽に試すことが可能です。

解約においても電話をサポートセンターにするだけでよいのでわずらわしさを感じることはありません。

殺菌力と抗菌力の違いでデオシークがおすすめ

注目すべき点は
ノアンデは抗菌率が99.99%であるのに対し、デオシークは殺菌力が99.99%となっています。

抗菌と殺菌は意味が異なっており、抗菌は菌の増殖を抑制する、または阻害することを指しており、殺菌は菌を死滅させることを指しています。

そのため長期的に殺菌効果を発揮し、臭いの原因を突き止め根本的に改善へと導くことができることから

デオシークの方が成分力や効果、サポート力や価格などの点においてノアンデよりも優れていると言えます。

こちら読んでおくれやす
フェロモン香水のプラシーボ効果とは?あなどれない偽薬効果