ちゅらゆくるにはどんな効果がある?シミやくすみに有効な成分をリサーチ

年齢肌の悩みといえば、シミやしわ・肌のくすみなどが代表的です。

実はこれらの肌トラブルは単純に老化現象が原因というわけではありません。

20代などの若年齢では思いもしないようなシミやくすみ、これらの肌トラブルが顕在化してくるのは40代や50代の中高年以降の年齢になってからです。

このような特性を踏まえると、年令がきっかけになって、ある程度の年齢を境に肌トラブルが急激に出現するように思えますが、実は過去に浴びた紫外線などの影響によるところが大というのが真相です。

というのも皮膚は紫外線や摩擦・炎症などの影響から防護するためメラノサイトから、メラニン色素を分泌する機能が備わっています。

皮膚の外側の表皮では30日ほどの期間でターンオーバーと呼ばれる新陳代謝活動が行われており、不要になったメラニン色素もその家庭で排出されていきます。

ところが加齢でターンオーバーが滞ると、メラニン色素はそのまま残留し、シミやくすみなどの原因となります。

つまり年齢肌は過去の紫外線などのダメージの蓄積が原因。

これらを元から変化させてくれるのが、「ちゅらゆくる」です。

「ちゅらゆくる」は医薬部外品のトラネキサム酸やグリチルレチン酸ステアリルのほか、美白効果に優れるビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキスなどを配合したナイトパック。

実際に使用した勝ったのなかでも、シミやしわ・肌のくすみなどが改善したとの高い評価をえています。

そしてトラネキサム酸と相性がいいのがアルブチン。

メラノサイト細胞の酵素チロシナーゼに作用し、メラニン色素の生成を抑制してくれます。

まず医薬部外品のトラネキサム酸、止血剤としても使用される成分ですが、メラニン色素の排出を促進する効果にすぐれます。

同様に医薬部外品に指定されているグリチルレチン酸ステアリルは消炎剤としても配合される有効成分ですが、ターンオーバーが不活性化し蓄積したメラニン色素の過剰な蓄積を解消する変化を期待できる成分です。

また年齢肌のトラブルは、紫外線による活性酸素の増加や炎症などによっても促進される特性があります。

ビタミンC誘導体は優れた抗酸化作用を持ち、炎症を沈静化し活性酸素の分解を促進する効果に優れています。

加えて各種のたんぱく質やビタミンを豊富に含むプラセンタは、細胞を活性化させて肌のターンオーバーを正常化する作用を持っているので、メラニン色素の自然な排出を促進しアンチエイジングや美白効果を期待できます。

ちゅらゆくる、にはシミやくすみを初めとした肌トラブルに根本からアプローチし、確かな変化を実感できるのは理由があることなのです。