ワキガの殺菌にはアルコール?それともクリーム?どんな成分が菌に強い?

ワキガ ニオイ

ワキガは殺菌するとニオイがなくなる?

ワキガのニオイは、コリネバクテリウム菌のような原因菌が増殖することで発生したり強くなります。

このコリネバクテリウム菌などの雑菌は消毒殺菌で対処できます。

エクリン汗腺とアポクリン汗腺

全身に分布していてほぼ水の汗が出るエクリン汗腺に対し、ワキや胸、股といった部位に厳選されるアポクリン汗腺は、原因菌増殖の恐れがあります。

アポクリン汗腺から出る汗は、水の他にタンパク質や脂質を含んでいるので、病原菌にとっては格好の餌です。

つまり、汗の量を減らすこともワキガのニオイ対策になりますが、夏場や冬でも暖房が効いている部屋で汗を搔かないのは困難といえます。

汗を抑えるより菌を抑える

現実には、汗を抑えるよりもワキガの原因菌、コリネバクテリウム菌などを減らす方が合理的です。

皮脂の酸化もニオイに関わりますが、ワキガの場合はタンパク質や脂質が原因菌によって分解されることが問題の原因です。

汗に混じる成分の割合が変われば、汗を抑えるのと同様にニオイの強さが変化する可能性がでてきます。

その為、皮膚科などに相談すると食事や生活習慣の指導があって、体質改善を図るアプローチが行われるでしょう。

汗の掻き方を変えたり、体質改善に取り組むことも大切ですが、これらの取り組みの結果が出るまでには時間がかかります。

原因菌を殺菌するのは即効性が高い

対症療法的には、アポクリン汗腺のある部分に直接対処して、原因菌を消毒殺菌するのが手っ取り早いといえます。

即効性に期待できますし、ニオイが気になってもすぐに対処可能なので、市販の対策商品は消毒や殺菌に重きが置かれます。

ニオイが完全になくなるわけではありませんが、かなり近づかないとわからないくらいには弱まります。

もちろん、変化の程度には個人差がありますし、元の強さによっても違うでしょう。

夏に靴が汗で蒸れると臭うのも、長く着用して汗が染み込んだ下着のニオイが強くなるのも、コリネバクテリウム菌をはじめとした原因菌によるところが大きいです。

洗い立ての洗濯物が臭うケースもやはり、洗浄が不十分だったり菌が残っていて、乾燥するまでの間に増殖してしまうのが原因です。

殺菌力のある洗浄剤を用いたり、漂白などで殺菌してから洗濯を行うと、普通に洗うよりも驚くくらいに嫌なニオイがなくなります。

さすがに肌に強力な洗浄や殺菌はできませんが、ワキの表面に存在する菌を除去する程度であれば、ワキガの対策として有効です

殺菌をすればニオイケアは可能

コリネバクテリウム菌だけではないものの、アポクリン汗腺に集まってくる菌の多くは、消毒殺菌で無害化できます。

ニオイ自体も菌がなくなれば抑えられます。

すでに下着や衣類に汗が染み込んでいる場合は、ワキだけでなくこちらも殺菌する必要があります。

ティッシュなどで汗を拭き取って嗅ぐとわかりますが、ワキに触れたものにはニオイが移るので、菌が好む栄養と共に菌も付着していることが確認できます。

ワキガは厄介で、気になると途端に意識が持っていかれてしまいますが、消毒殺菌を味方につければ怖くなくなります。

手術によりアポクリン汗腺を取り除く方法もありますが、ハードルが高く簡単には決められないので、まずは身近なできることから取り組むのがよいでしょう。

ワキガにアルコールは効くの?

ワキガに対してアルコールは、使い方によっては有効だといえるでしょう。

アルコール消毒は多くの菌に殺菌力を発揮するので、感染症の予防対策にも用いられているほどです。

アルコールといっても種類が沢山あります。

肌につけても安全なのはお酒にも含まれるエタノールです。

ただし、純度の高いエタノールは速く乾き過ぎてしまうので、十分な殺菌力はなくアルコール消毒にはならないです。

ワキガにアルコール消毒を試す場合は、消毒用と書かれたエタノールを購入することが必要です。

もしくは無水タイプを精製水で薄めて、殺菌消毒効果を発揮する濃度にしてから使うことになります。

殺菌に最適な濃度だと、水分が揮発するまでに時間を要するので、この間に菌に浸透して効果を発揮します。

ワキガのニオイを作り出す、汗に含まれる成分を分解する常在菌は、殺菌によって無害化して取り除けます。

肌に使用するとひんやりした感覚を覚えますが、このひんやりした感覚は成分が揮発して周囲から熱を奪っている証拠です。

一緒に水分も奪ってしまうので、肌が弱い人にはかぶれる、あるいは乾燥するといった副作用があります。

更に薄めて濃度を下げればかぶれにくくなりますが、あまり薄くすると殺菌力が弱まってしまうので、薄め過ぎないことが肝心です。

ワキガに効くのはクリーム?ローション?スプレー?

ワキガに効くとされるデオドラント剤には、ローションタイプふきとりタイプスプレータイプなどがあります。

ローションタイプ

ローションタイプは塗りやすく、速やかに馴染むイメージですが、水分量が多いので乾くと成分が飛んでしまいます。

ある程度持続するようには作られていますが、汗を掻きやすい季節だと汗と一緒に流れるので困ります。

必然的にこまめに塗る必要がありますし、塗る回数が増えるので、次第に億劫に感じてしまうのも事実です。

ふきとりタイプ

ふきとりタイプは使い方が簡単で、何時でも即ワキガに対処できるのが魅力です。

汗を吸収する性質が優れていたり、アルコール配合でひんやり感じさせることで、殺菌と汗を引かせる効果を発揮します。

ただ、持続性はあまりありませんから、拭いた直後はニオイが気にならなくても、時間の経過と共に再びニオイはじめます。

スプレータイプ

スプレータイプはサッと噴霧することによって、ワキ全体を殺菌したり、香りでワキガを気にならなくさせます。

簡単なのは強みですが、ついつい使い過ぎてしまったり、肌に付着しなかった分がムダになるなど、経済性においてやや気になるところがあります。

その点、クリームはニオイが気になる部分に直接塗ることができたり、塗り拡げてカバーできるバランスの良さを備えます。

クリームタイプのデオドラント① クリアネオ

クリアネオはワキガ、ニオイ菌対策の為に開発された専用のクリームで、無添加と無着色という日本製で安全性の高い商品です。

手術を考えるほどのワキガだったり、相談しにくいデリケートゾーンのニオイの悩みなど、人それぞれ異なるさまざまな問題に対応します。

乾燥肌にも使える保湿性を併せ持ちますから、アルコール消毒が苦手な人でも大丈夫です。

大人だけでなく子どもも使える安全性で、脂肌でも流れにくくニオイを抑える効果を発揮するなど、使い勝手のよい、まさに理想的なクリームです。

アルコールを含まないクリアネオは、アルコールとは違う形で殺菌力を持たせたり、肌が弱い人でも使えるように配慮されています。

市販のローションやふきとりタイプで満足できなかったり、スプレータイプやクリームで納得の商品に出合えていない人も、クリアネオなら期待に応えられる可能性ありです。

れっきとした医薬部外品で成分にお墨つきがありますし、肌に刺激的な成分は排除されていますから、かぶれやすくて困っている人も試してみる価値があります。

モンドセレクション連続受賞歴や初回全額返金保証つき、シリーズ累計150万本突破など、実力の高さと自信が窺える魅力が満載です。

クリームタイプのデオドラント② デオシーク

デオシークは数あるデオドラントクリームの中で、全成分数第1位を誇る充実成分のワキガ対策クリームです。

ワキの汗のニオイが気になる男性や、全身のニオイをシャットアウトしたい女性に対し、隙のない成分配合と完成度で期待に応えるのがデオシークです。

デリケートゾーンにも使える安全性を兼ね備えますし、小学生以降の子どもも安心して使えますから、思春期で周りの目が気になっている人にも朗報です。

デオシークブランドの商品には、身体の内側からニオイにアプローチするタイプもあるので、身体の内外からワキガに対応できます。

永久返金保証制度ありで、とくに期間の制限なく返金OKですから、じっくりと使って継続を判断することが可能です。

殺菌力と安全性のバランスが良好な上に、肌トラブルの不安なく使いやすい仕上がりなので、ワキガ対策に使ってみる余地ありです。

ワキガ対策クリームはいずれも対症療法に分類されますから、ニオイが気になる間、継続的に使用することになります。

汗の量で効果が大きく上下したり、少量でも肌トラブルが起こると困るので、安定した効果に期待が持てる、肌に優しく安心と評判のクリームが狙い目です。

ワキガの殺菌にオススメの成分

クロルヘキシジングルコン酸塩

ワキガの殺菌でオススメなのは、皮膚の消毒に用いられるクロルヘキシジングルコン酸塩が挙げられます。

手指や手術部位にも使える安全性の高さですから、ワキに対しても安心して使用することが可能です。

殺菌作用に加えて抗菌作用も発揮するので、持続的なワキガ対策効果に期待が持てるでしょう。

国民的な知名度を誇る市販の軟膏にも、殺菌成分としてクロルヘキシジングルコン酸塩が含まれています。

軟膏を塗ってワキガ対策になるかは不明ですが、成分的にはニオイ菌に有効で、殺菌力によってワキガのニオイを抑えることができます。

理想的なのは、ワキガ用に開発されているクロルヘキシジングルコン酸塩配合の商品です。

この商品なら菌に有効な濃度の成分が含まれていたり、ニオイを抑えることに期待できます。

イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは、ニキビの原因菌にも殺菌作用をもたらす成分で、デオドラント剤にも配合されています。

殺菌作用としては高いもので、ワキ以外のニオイにも効果を発揮しますが、ニキビ対策用をワキなどに使用するのはNGです。

やはり、最適な成分の組み合わせや濃度というものがあるので、ワキ用の商品を選んで使うのが賢明です。

コリネバクテリウム菌に有効性を示し、ブドウ球菌や他の菌にも殺菌力を発揮しますから、イソプロピルメチルフェノール1つで多くの菌の対策が実現します。

市販の商品にも含まれていますから、デオドラント剤を比較検討する際に、成分表示の一覧を確認してみるのがよいでしょう。

β-グリチルレチン酸

β-グリチルレチン酸は甘草から抽出される成分で、自然由来のワキガに有効な成分として注目されます。

注目を集めたり話題になりはじめたのはここ10年ほどで、比較的後発の新しい期待の殺菌成分でもあります。

従来、主流のイソプロピルメチルフェノールと比べると、同等かそれ以上の殺菌効果をもたらすことが分かっています。

菌の種類や濃度にもよりますが、自然由来で期待の成分が誕生したのは喜ばしいことだと考えられます。

漢方薬や甘味料の用途もありますが、炎症を抑える作用も併せもつので、汗でかぶれやすいワキの使用に最適です。

他の成分が合わないと感じた人も、β-グリチルレチン酸なら肌トラブルに悩まずに使える可能性があります。

ミョウバン

ミョウバンは紀元前、古代ローマ時代から使われてきた天然の制汗剤で、結晶化したミョウバンの天然石のアルム石が用いられてきた歴史が存在します。

今でもミョウバンは幅広く使用されていて、食品に加えたり化粧品の原料にもなっているほどです。

ミョウバンがワキガに有効なのは、収れん作用で毛穴を引き締め汗を抑えることと、皮膚表面に殺菌作用を発揮するからです。

現代では天然のアルム石ではなく、焼き固められたものが使われています。

口に入れても大丈夫なほど安全で、食品添加物としても認められていますから、少し舐めたくらいでは何ともないのが魅力的です。

デオドラント剤は、小さい子どもに使用すると興味本位で舐めてしまうことも考えられますから、子どものワキガ対策ならミョウバンが安心です。

どうにかしたいワキガには手術も

市販のデオドラント剤では対策が難しく、あれこれ試しても効果が見られない場合は、ワキガの手術という選択肢があります。

ワキガの人は、平均よりもアポクリン腺の数が多い傾向があります。

なので手術でアポクリン腺を除去することが効果的です。

ワキを切開してアポクリン腺を除去する皮弁法は、歴史が長く実績も豊富な手術の方法です。

剪除法とも呼ばれますが、皮弁法は保険適用なので経済的な負担が小さく、再発率が低いので少ない治療回数で済みます。

切開するので傷跡は気になるところですが、ワキのシワに沿って短く切るので、間近で見なければわからないです。

入院不要で日帰りできますから、普段忙しくて通院が精一杯という人も、皮弁法ならワキガの手術が受けられます。

汗の量も減る嬉しい副次的な効果があるので、アポクリン腺の減少と共に、汗そのものも減って相乗的にニオイが弱まります。

手術の効果は個人差によりますが、少なくとも手術前の半分に弱まりますし、効果が大きく出ればほとんど分からなくなります。

切開する手術は不可逆的なので、傷跡を何としても避けたいと思っていたり、失敗のリスクを恐れている人には不向きです。

しっかりと理解した上で、納得してから選択したり手術を決める必要があるので、信頼できる医師を見つけて相談することが大切です。

通常、医療機関でワキガと診断されても手術は第1選択になりませんが、後悔しないように結論を出して手術を受けるのがベストです。

悩みに悩んで医療機関を受診する人は、デオドラント剤や生活習慣の見直しなど、試行錯誤してワキガ対策に取り組んできた人が多いです。

それだけに、手術だけが最後の希望と考えていたり、すぐにでも手術をしたいと思っていたりします。

手術はたしかに有効ですが、手術といっても種類は色々とありますから、とりあえず落ち着いて医師の話に耳を傾けるのが得策です。

物理的にアポクリン腺を切除する方法は、強力でやり直しが利かないので、もう他に打つ手がない時の選択肢となるでしょう。